株のダブルボトムのエントリーを極める方法とは!

相場職人

自己紹介です。
氏名:相場職人
株式投資歴25年
運用資金約3,000万円

ダブルボトム エントリー

チャートパターンのダブルボトムで勝てない人はぜひ参考にして下さい。

ダブルボトムでエントリーした場合の特徴

  • ある程度儲かるまで時間が必要
  • 損する時と儲ける時は紙一重である
  • まず、相場で一番大事な事はわからないところはやらない!です。

    これを徹底することによって勝てるようになったのです。

    私がダブルボトムでエントリーする場合の私のダブルボトムの売買ルールはエントリーポイントはたった2パターンしかありません。

    ダブルボトムを極めるコツはどこでエントリーしたら損が最小限で済むか・・・・です。

    ダブルボトム 心理


    まずは、チャートがダブルボトムを形成している時の投資家達の心理状況をイメージして下さい。

    長い下降トレンド継続中のダブルボトムの場合

    2点底で買えた投資家以外はみな全員が含み損が増えている状況です。

    つまり、買った投資家の心理はみな不安になっている・・・。

    相場職人

    心理はネガティブという事です

    よって、株価は下がりやすい状況にあると言えます。

    ダブルボトム エントリーポイント

    私の場合はダブルボトムの場合は2パターン用意してあります。

    ダブルボトムのチャートパターンの場合は二番底の2点目の谷が狙いのエントリーが基本になります。

    ダブルボトム 下抜け

    もう1つのパターンは二番底の底値狙いは同じなんですが、

    2点目の谷が前の谷の安値を割って下抜けした場合です。

    え?そういう場合は損切りじゃないの?

    相場職人

    え?
    そういう場合は損切りじゃないの?

    と思うのが普通です。

    2点目の安値のちょっと下周辺には逆指値のストップロス(損切り)注文が入っている場合が多いので、株価がその損切りラインにタッチすると株価が一時的に急落します。

    その時の急落を拾って安く買うという売買ルールも用意しています。

    1,か2かどちらの売買ルールを採用するのかはその時の相場状況次第ですね。

    ダブルボトム ネックライン

    私が株式投資の初心者だった頃、株のチャート解説本にはダブルボトムの場合はネックライン超えでエントリーと書かれていたので、素直にチャート解説本どおりにトレードしても上手くいくことが少なかったです。

    個人的な感想としてはエントリーポイントが遅すぎると思います。

    また損切りとなった時に、ネックライン超えエントリーではロスカットまでの距離が遠すぎるという意味で採用しておりません。

    また、チャートの形だけでも判断しておりません。

    会社の業績も下降トレンドという場合は買いは見送りにしています。

    また、信用倍率の買い残も減っているとGOODですね。

    信用倍率

    株のレンジブレイクアウト手法株のレンジブレイクアウト手法

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です