株のレンジブレイクアウト手法

相場職人

自己紹介です。
氏名:相場職人
株式投資歴25年
運用資金約3,000万円

レンジブレイク手法

レンジブレイクアウト

レンジブレイクアウトはトレンドフォロー系の売買手法になります。

レンジブレイクでエントリーした場合の特徴

  • エントリータイミングが難しい
  • 株価が軽く上昇しやすい
  • 株価がどこまで上がるのかがわかりにくい
  • 実はレンジブレイクアウトも期待値の高い買いのポイントがあります。

    まずは、正しくレンジブレイクを解釈するためには正しいチャートの読み方が必要です。

    使用するチャート
    • 週足チャート
    • 日足チャートです。
    週足チャートで全体的にレンジ相場になっているかどうかをチェックして、日足チャートは詳細なエントリーポイントと損切りラインを決めるためにみます。

    日足チャートだけでは全体的なトレンドを見間違う場合があるので、必ず週足チャートを見てから日足チャートをみるようにします。

    また、レンジブレイクアウトの特徴は値が軽いということです。

    株価の重しになる価格帯別出来高もない場合は、さらに値が軽い傾向があります。

    ただ、デメリットとしてはどこまで株価が上がるのかの目安がないところですね。

    レンジブレイクとは

    まず、レンジブレイクとは天底は3回以上繰り返しているチャートパターンの事を言います。

    一般的には2回まではレンジ相場とは言ってません。

    レンジブレイク だまし

    レンジブレイク だまし

    レンジブレイクアウトを予想してレジスタンスラインの数ティック上に逆指値買いを入れているトレーダーもいますね。

    私の場合は、レジスタンラインを上抜けした瞬間では買いエントリーしない派です。

    その理由はだましを回避するためです。

    結局、レンジブレイクではなく、ただ上ヒゲをつけただけの「だまし」が多いわけです。

    注意
    上抜けした瞬間の買いエントリーは勝率はそれほど高くなくて、期待値も以下で紹介する手法よりも低いです。

    レンジブレイク エントリーポイント

    レンジブレイクした後の1回目の押し目が私の買いエントリー部分です。

    この1回目の押し目がレンジブレイクアウトの中では最も期待値の高いポイントです。

    相場職人

    ここが一番おいしい

    損切りポイントはレジスタンラインのちょっと下に設定しておきます。

    その後、上昇トレンドを形成したとしても2回目の押し目も買いエントリーします。

    しかし、3回目以降の押し目は買いエントリーしない場合が多いです。

    その理由は、勝率と期待値が1回目の押し目と比べるとやや低くなる傾向があるからです。

    もちろん、レンジブレイクした後の1回も押し目がなく、ガンガン上がっていく銘柄もありますが、そういう場合は無理についていきません。

    私の場合は諦めモードですね。

    相場職人

    振られた女は追わないのと同じです

    その理由はどんどん期待値が低くなっていくからです。

    レンジブレイクアウト手法のコツはひたすらじっくり待つことです。

    ひたすら自分が買いたい値になるまで待つことが勝率&期待値を上げるコツです。

    ポチポチ病と言って負けているトレーダーほど、何の根拠もないポイントで売買しています。

    ブレイクアウト 勝率アップのコツ

    最後にチェックしているのが会社の業績です。

    特に来期の予想epsに注目しています。

    今期のEPSよりもアップしていたら、そのまま買い。

    横ばい、または悪化しているようならチャートパターンがレンジブレイクしていても買わないという判断をしています。

    レンジブレイク 銘柄

    現在、レンジブレイクしそうな銘柄をピックアップしています。

    6098 リクルートホールディングス

    2021/8/13にレジスタンライン(5,900円周辺)を一気に上抜けてレンジブレイクアウトを果たしました。

    元々レンジブレイクを狙っていた銘柄ですが、ちょっと一気に上がりすぎましたね。

    これから1回目の押し目を拾う作戦ですが、もし押し目が無かったら諦めて何か他の良い銘柄を探します。

    株のダブルボトムのエントリーを極める方法とは!株のダブルボトムのエントリーを極める方法とは!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です