個別株式投資は難しい!勝ち組の1割になるためには?

個別株 難しい



このページではなぜ株式投資は難しいのか?

どうしたら儲けられるようになれるのかをご紹介していきます。

一般的に株式投資で勝ち組は全投資家の約10%程度と言われています。

つまり残りの90%は負け組という事になります。

しかし、上位10%に入るためには

どれくらいの位置なのか?

偏差値で表すと63くらいになります。

わかりやすいように

文系の私大の偏差値を見るとわかりやすいです。

 

大学名 学部 偏差値
慶応大学 72
早稲田大学 72
上智大学 71
同志社大学 70
法政大学 69
明治大学 68
青山学院大学 68
立教大学 67
立命大学 66
近畿大学 61
龍谷大学 60
立教大学 67
国士館大学 59
東海大学 51

 

こんな感じです。

まあまあ偏差値63以上になると有名な大学というか、一般的に合格するのが難しいと言われる大学ですよね。

株式投資の世界でもこれくらいのレベルにならないと儲からないということになります。

また、株式投資の中でも

いろんな種類のトレード方法があります。

  • スキャルピング
  • デイトレ
  • スイングトレード
  • うねり取り
  • 中期投資
  • 長期投資
  • 超長期投資

これは個人的に思うのは

スキャルピングとデイトレは株式投資の中で最高峰に位置しているトレード方法だと感じます。

無茶苦茶難しい!

偏差値で表現すると明らかに70超えだと思います。

大学の偏差値でいうと

慶応大学、早稲田レベル、国立大学も入れると東大、京大、阪大、一橋大学、こんな感じです。

無茶苦茶難しいので、ほとんどの人が負け続けて退場していきます。

そこを初心者は理解していないのでいきなり最難関のデイトレに挑戦するのでしょう。

一生懸命に努力してもほとんどの投資家が負けてしまうのがデイトレ、スキャルピングだと思います。

よって、あえて難しいトレードに挑戦するのではなく、

デイトレよりは簡単と言える、中長期のトレードの方が生き残る可能性は高いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です