株の戻り売りのタイミングとコツ

株の戻り売り

相場職人

自己紹介します。
株式投資歴25年
運用資金約3000万円

下降トレンドで稼ぎたい場合は、下げトレンド中のわずかな上げ幅を買いで狙うより下げトレンドの波に乗って下げを空売りで取る方が資金効率が良いです。

相場職人

下げ相場では1波=上げ幅より下げ幅の方が大きい

株価が下げトレンドの時に儲けた人が使うのが戻り売りという手法です。

下落トレンドの時は一切何もせずに、上昇トレンドになるまで放置して待つという考えもありますが、下落トレンドの時も積極的に利益を狙うという人に戻り売りはおすすめです。

下降トレンドの特徴として
上げはじりじりとしか上げないが、下げは急落する時が多いという事を覚えておきましょう。

それでは下降トレンドでの2つの売り場をご紹介します。

下降トレンドでの売り場
  • 戻り売り
  • 安値割れ

主にはこの2つです。



個人的には安値割れポイントよりも赤丸の戻り売りポイントの方がおすすめです。

私の場合は前の安値割れポイントで空売りを仕掛ける事はほぼありません。

株の期待値的には戻り売りの方が高いと言えます。



安値割れを狙うと、結局そのポイントで株価が反発して

チャート的にはダブルボトムを形成するリスク、可能性があるからです。

相場職人

空売りあるあるです

そうなったら損切りになるわけですがロスカットラインまでの距離が遠いというデメリットがあります。

注意
※ 下げ途中での空売りは勝率&期待値も低いのでおすすめできません。

戻り売り 損切り



戻り売りエントリーと安値割れエントリー、どちらが損切りした時に不利なのかを覚えておきましょう。

安値割れエントリーの方が損切りになった時の損害が大きくなります。

戻り売り 買戻し

あとは、買戻し&利食いのポイントですが、まずは大陰線をつけた後ですね。

大引け値でも良いですし、翌日の始値で買戻ししても良いです。

あとは、酒田五法から三空叩き込みも買戻しのパターンです。

酒田五法のチャートパターン一覧表酒田五法のチャートパターン一覧表

あとは、逆指値注文でトレーリングストップロスを徐々に下げていく手法もありですね

買戻しのポイントとして100点満点の手法はありませんが、

私の場合、統計はとっていませんがローソク足が大陰線の場合に買い戻すのが多いイメージですね。

空売りの特徴
空売りする時の注意点としては、貸し株でトレードしているので保有している間に金利負担があるということ。

現物トレードでは長期間持っていても何もありませんが、空売りの場合は長期間保有しているだけで金利をガッポリ取られるので、できるだけ短期間で利食いするように気をつけています。

よって短期のスイングトレードで決済することが多く、中長期で持つことは基本的にはありません。

私がなるべくショートポジションを持たないようにしているのはこういった理由からです。

戻り売りのコツ



また下降トレンドでの空売りで稼ぎたい人にとっては下降トレンドの初動に乗っかるのが一番おいしい場面です。

下降トレンドからの下げの1波、2波までの戻り売りがおいしいところかなと感じてます。

3波以降の下げは反転する可能性が徐々に高まってくる場面なので極力やらないようにしています。

また戻り売りする場合は、業績も合わせてチェックしています。

私が特に注目しているのは予想epsです。

業績が横ばいか、悪化していればベストですね。

株の押し目買いのタイミングとコツ株の押し目買いのタイミングとコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です