レンジ相場(ボックス相場)の株で稼ぐ手法

相場職人

自己紹介です。
氏名:相場職人
株式投資歴25年
運用資金約3,000万円

レンジ相場とは



レンジ相場とは、別名でボックス圏相場とも呼んでいます。

例えば、800円~1000円といったような中で株価が上がったり、下がったりを何度も繰り返している状態の事を言います。

また、レンジ相場で売買する時はレンジの値幅もチェックしてみて下さい。

レンジ相場で稼ぐ手法

相場職人

レンジ相場で稼ぐのは得意です
レンジ相場を形成中の銘柄の値幅を取りたい場合は、レンジ底のサポートライン周辺では逆張りで買い狙い、上周辺のレジスタンラインでは利食いするか、空売りを仕掛けるポイントが一般的なレンジ相場での稼ぎ方です。

買い狙いの場合
狙えるポイントは2~3回目のサポートライン周辺での反発です。

ここしか狙いません!

その理由は
4回目以降のポイントは徐々にサポートラインの信頼性が下がってくるからです。

つまり、レンジ相場の終焉が近づいてきている事を意味し、いずれ上方向か下方向に放たれる可能性が高まってきているので、このポイントはもう狙えないという事です。

 

また、レンジ相場ではローソク足が陽線の時に買うよりも陰線の時に買う方が最終的な株の期待値が高くなります。株 期待値

レンジ相場が長い場合は、あえてレンジの値幅で稼ごうとせずに、上方向か下方向に放たれるまで待ってその方向に合わせた売買する方が良い結果を生みます。

※ レンジの値幅が550~600円等かなり狭い場合は、無理に値幅を狙わずにレンジブレイク後で株価が動いた方向に合わせた仕掛けが良い場合が多いです。

  • 550円買い、600円売りで50円利益
  • レンジブレイク後の600円買い、700円売りで100円利益

このようにレンジの値幅が小さいとリスクは高くて利益は少ないのでコスパが悪いです。

 

相場職人

レンジ相場は陰線で買う!

レンジ相場 銘柄

現在、私の監視銘柄の中でレンジ相場を形成中の銘柄をピックアップしてご紹介します。

レンジ相場を形成中の監視銘柄
  • レンゴー
  • NTTデータ
  • 丸紅
  • 東京エレクトロン

(2021年8月現在)

3941 レンゴー

項目
ボックス圏 900~1,000円
レンジ値幅 100円
レンジ期間 4か月
サポートライン 900円
レジスタンライン 1,000円

9613 NTTデータ



項目
ボックス圏 1,600~1,800円
レンジ値幅 200円
レンジ期間 5か月
サポートライン 1,600円
レジスタンスライン 1,800円

 

 

8002 丸紅

項目
ボックス圏 800~1,000円
レンジ値幅 200円
レンジ期間 5か月
サポートライン 800円
レジスタンライン 1,000円

8035 東京エレクトロン

項目
ボックス圏 44,000~51,000円
レンジ値幅 6,000円
レンジ期間 4か月
サポートライン 44,000円
レジスタンライン 51,000円

また、レンジ相場を形成している銘柄に仕掛ける場合で、中長期投資の場合は

必ず企業業績の予想EPSもチェックした方が良いです。

予想eps

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です