株のデッドクロスは意味ない 使えない理由とは?

相場職人

自己紹介です。
氏名:相場職人
株式投資歴25年
運用資金約3,000万円

デッドクロス

デッドクロス チャート

デッドクロスとは

デッドクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を上側から下抜けする事を言い、一般的には下げトレンド入りのシグナル&サインと言われています。

その他にも短期移動平均線が中期移動平均線を上側から下抜けする事を「ミニデッドクロス」と呼んだりもします。

ただ、皆がデッドクロスの発生を利用して稼ごうと頑張っているようですが、そもそもデッドクロスの存在自体が意味がないのです。

よって、移動平均線の日数を変更したりして稼ごうとしている行為自体が無駄なわけです。

それでは、なぜデッドクロスを利用した売買が無意味なのかをご紹介します。

その理由はデッドクロスが移動平均線がベースになって作られたモノだからです。

移動平均線がないとデッドクロスは説明できません。

デッドクロスが使えない理由


株式投資の世界では新しい情報を重要視します。

例えば200日移動平均線を日足チャート上に表示させるには

200日前の株価から本日の株価を全部足して200で割ったものが200DMAになります。

ただ、株の世界では情報の鮮度を重要視しているのに

今日の終値と200日前の株価の価値を同じにしています。

詳しくは別のページで解説しています。

移動平均線 意味ない

もし、仮に無理やり移動平均線に似たようなラインを作成して表示させるのであれば

  • 本日の株価の価値は100p
  • 昨日の株価の価値は95p
  • 10日前の株価の価値は90p
  • 200日前の株価の価値は1p
このように株価の価値を変化させて作成しないと意味がないモノになります。

もちろん、私は数学や統計学に詳しいわけでもないのでそんな芸当はできませんが、私の株価の価値に対する考え方は正しいと思います。

もっとわかりやすいようにおおげさに言うと、これから任天堂の株の購入を検討している投資家が今から30年前の任天堂の株価なんて参考にしますか?

相場職人

そういう事を言いたいわけ

以上移動平均線が無意味な理由を解説しましたが、

そんな価値のない移動平均線を利用した売りシグナルのひとつである「デッドクロス」も意味ないなと肌で感じたのです。

相場職人

デッドクロスは使えない

そういうわけで

私はチャート設定から移動平均線の機能を削除しました。

株のゴールデンクロスが意味ない 使えない理由とは?株のゴールデンクロスが意味ない 使えない理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です