株のレジサポ転換 ブレイク買いのやり方

レジサポ転換とは

レジサポ転換 チャート

使用するチャートは投資家の時間軸によって変わってきます。

短期のスイングトレーダーの方は日足チャートで、中長期以上の方は週足チャートを見るのが基本になります。

特に、レジサポ転換のレジサポラインは日足チャートよりも週足チャートの方が信頼性が高いですね。

まず、レジサポ転換狙いで買いを仕込む場合は

主にレンジ相場を形成している銘柄を監視しておかなければなりません。

私の場合の監視銘柄は約100銘柄程度で、その中からレンジ相場になっているチャートパターンの銘柄に焦点をあててレンジブレイクした銘柄をチェックするようにしています。

レジサポ ブレイク

レンジ相場のレジスタンラインの少し上に

逆指値の買い玉を設定しておくという手法もありますが、ダマシも結構多くて期待値的に考えるとあまり上手な手法ではありません。

相場職人

個人的には苦手な手法です

レジサポ ブレイク

後でチャートを見たらブレイクではなく、だましだった。

相場職人

上ヒゲをつけただけだった。

というような感じですね。

実は、レンジブレイクの飛び乗りほど期待値が低い手法はありません。

相場のモメンタムが強ければ一気に上昇していくパターンもありますが、メンタルの強い投資家でないと持ち続けれられません。

レジサポ エントリー

相場職人

ではだましを減らすためには?

よってレジサポ転換でエントリーしたい時は、レジスタンラインをブレイクした後の下げに狙いを絞り込みます。

貸借銘柄の場合、レジスタンライン周辺には多くの売り玉が仕込まれています。

そこで、株価がレジスタンラインを上にブレイクすると、ショートした投資家の心理は損切りしようかどうか焦りだします。

そこで株価が少し下がったあたりの建値で損切りの買戻しする投資家が多いわけです。

よって、レジサポ転換狙いは、レジスタンラインをブレイクした後の一時的な下げ(押し目)を買うのがベストで、損切りラインはレジサポラインのちょっと下あたりですね。

もちろん、一時的な下げがなくてガンガン上昇していってもったいない!というくケースもありますが、そういう場合はもう諦めましょう!

株に勝率100%というノウハウ&手法はありません。

レジサポ転換点の信頼性アップの考え方

あと、レジサポのブレイクの信頼性を上げる方法としては

チャートパターンだけではなくて、会社の業績もあわせてチェックするようにしています。

それは私が中長期の投資家で、長い目でみたら企業業績に株価は収斂されていくと考えているからです。

業績の中でも特に重要視しているのが予想EPSです。

来期の予想EPSが改善していたらレジサポブレイクは買いです。

しかし、予想EPSが横ばい、または悪化していたら、レジサポブレイクしても買わないという売買ルールを作っています。

すべてのだましを回避することはできませんが、減らす事が出来ています。

相場職人

予想EPSも見るという事!

レジサポ転換の真逆のサポレジ転換手法もあります。

サポレジ転換

株のサポレジ転換手法は逆張りの空売りサイン!株のサポレジ転換手法は逆張りの空売りサイン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です